祥雲山 瑞境寺

 

 

56番札所 祥雲山 瑞境寺

立派な山門を潜り境内へ 手入れが大変だろう木々が

沢山ありました 立派なお寺が 続きます 信仰の深さ

でしょうか よく見る若夫婦がまた一緒でした 何処から

来られたのですか?と伺うと 名古屋市内からとの返答

巡拝中 何組かの巡拝者にお逢いします 見知らぬ人

でも挨拶を交わします これもご縁でしょう 誰が結んだ

か木のコブに 胸当てが巻いてありました

☆ 20 世 紀 の 名 言 ☆より

人間らしく生きるために
七分は真面目人間、
三分は不真面目人間で生活するのが

「生きる智恵」と言うべきであろう

 

52番札所へ
リンク集
祥雲山 瑞境寺